東洋はり医学会札幌中央支部

 

今年は、個人のペースを大切にする講義をしていきます(^O^)

先日、札幌で東洋はり医学会、札幌中央支部の勉強会がありました。
午前中の約2時間が講義、午後2時間半は、実技です。
講義で面白かったのは、鍼灸治療の成り立ちと、その考え方の所でした。
普段している鍼灸治療を、鍼灸師はどのように捉えているのか?患者さんにわかりやすく伝えるにはどうしたらいいのかと、それぞれの意見を聞くことができました。
今年、札幌中央支部の講義は、個人のペースを大切にしようと思い、途中でも質問の受け答えをしながら、進めていく予定です。
「去年より解るような気がする。」「去年より質問したい事が増えた」「前の方が良かった」など、色々な意見や感想があると、次の年に生かせるので、今から楽しみです(^ω^)
在籍年数のある人は確認や見直しの時間に。。
これからの人は、講義を聴き「そうなんだ」と思いつつ疑問に思う所をみつける時間にしたり、「わからない所がわからない」と、気持ちを新たに切り替える時間にしてみたり。。
それぞれ、どの様な立場であっても、実りある勉強会にできるのは、個人の心がけ次第です。
勉強会に参加するには、大切な時間とお金を費やしていると思うので、ぜひ臨床に役立てて下さい(๑˃̵ᴗ˂̵)(工藤)

PageTop