東洋はり医学会札幌中央支部

 

勉強会は楽しい(=゚ω゚)ノ

鍼灸専門学校で経絡治療の勉強会があったので、参加してきました。
参加人数は10人で、質問しやすく実技もすぐ近くで見ることができました。
経絡治療には聞きなれない言葉が出てくる事もあり、その言葉の説明をする時も聴く人のペースに合わせながら講義が進みます。丁寧な印象を受けました。
聴く人のペースを大事にする。。見習いたいです( ^ω^ )(工藤)

PageTop

「治療院を持つこと」を楽しむために。。

「治療院のイメージを具体的に持つって、例えば何?立地?イメージカラー?」
前回のブログを見て何人かから、質問がありました。イメージするのは、立地や室内の雰囲気をどうするか、室内には、何が必要で何を置くか?価格設定など思いつく限り、何でもだと思いました。
でも、もしイメージが乏しい場合は、譲れない条件だけでも考えておくといい様な感じがします。
私の場合は、ベット3台入れたいと希望していましたが、実際2台です。
3台入れようと思えば、入りますが、室内に余裕がない感じがして、2台に変更しました。
イメージを持っていても、変更になることも多いと思います。それでも、イメージがあると途方にくれる事もなく、早く次を考えられるような感じがします。
治療院を持つまで、開院までの期間も楽しめるように早めの準備をした方がいいという話でした。(工藤)

PageTop

東洋はり医学会、札幌中央支部函館支部合同特別講習会

本日18日(日)の勉強会が終了しました。それぞれの課題を持ち帰り、明日の勉強会に備えます。
私は写真を沢山撮りましたが、実際にちゃんと撮れているのは少ない感じがします。明日も撮ろう(・ω・)ノ午前中の講義。
午後からの実技。明日は1日実技。実りある1日にしたいです。(工藤)

PageTop

準備が、大切( ^ω^ )

meguです。

2016年9月4日(日)東洋はり医学会の勉強会がありました。

「経絡治療、簡単にみえるようでも難しい。難しくても頑張れる人が、これから、伸びていく人なんじゃないかな? 」

午前の講義「鍼灸治療家への道」が進められます。
経絡治療を行う上で、心がけている事のひとつに「何事も準備が大切ですよ。」と話してくれる講師の話に、周りの人も私も、気が引き締まりました。

症例に対する実技は、足の冷えでした。冷えは、どのような状態なのか?何をみてどこで判断するのか?確認していきます。
出てくる質問も多く、もう少し時間が欲しい。。と思いながら終了時間を迎えました。

1日経つのが早いです(・ω・)ノ






PageTop

健康を意識するのは、特別な事?

meguです(o^^o)
先日、ある健康セミナーに行ってきました。
個人の健康を守る事が、効率よく働くことにつながる。。
「自分は、まだ大丈夫」と思っている人へ健康の事を話すとしたら?自分自身の身体に興味を持ってもらうにはどうしたら良いのか?と、話が続きます。
身体が不調でなくても、トイレに行ったら深呼吸をする等、日常の習慣に取り入れてできるところから始めてみる提案もありました。
参加者の反応も多様で、個人の優先順位や価値観の違いを垣間見る事ができます。
自分自身も含め、健康を意識するのは、特別な事ではなく、日常から意識する事が大切と感じました。また、それに伴い行動が変わるような気がします。
お互い「自分は大丈夫」と過信しないように気をつけましょう。

PageTop