東洋はり医学会札幌中央支部

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

痛くない鍼をするには。。③

「痛くない鍼をするには、どうしたら
いいですか?」
と、聞いた所、アドバイスのひとつに

「皮膚への接触時の感覚を、大切にす
るといいですよ。」というのがありま
した。

皮膚への接触時の感覚は、身体のちからが抜けている時に、指に伝わりやすいようです。

『痛くない鍼をするには、身体の力を抜く』ポイントを絞って、上達の近道のような気がしますo(^-^)o

meguでした( ^o^)ノ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。