東洋はり医学会札幌中央支部

 

3月勉強会終了報告

新しい仲間3名迎えて、3月勉強会を致しました。

十数名の大人が、3班に分かれて行う実技は、時々身体が
ぶつかり合い、気の調整を行うときは少々、
やり直しが必要なくらい会場が狭く感じました。

実は狭いんです。

すでに開業している仲間、また春に開業を予定している仲間、
そんな鍼灸師にとって、

古典脈診の基本も必要ということのほかに、すぐに効果が挙がる
鍼も必要です。

3月は、「夢分流、腹診」による肺・肝の変動にどのような考察が、
必要か、小腸経・大腸経の微陽を求めるための、
「難経三十三」を参考に検証いたしました。

モデル患者の腹診を前に、鍼一本の効果を実際に確かめ
感嘆で終了いたしました。

新入聴講生が2名でしたが、比較的ご自分なりに脈診の
経験豊富な方が集まりましたので、
深い、学理・実技に徹しました。

それにしても参加者は、何か一つ質問、疑問、自画自賛をする決まりに
なっているのですが、(いつの間にかそんな決まりが自然発生です)
質問時間がどんどん増えることの喜びを、
味わっております。

これからの予定は、「美顔鍼」です。

自分も楽しんで参加させていただいておりますので、脈診もさることながら、
「望・聞・問」まで究めたいと、希望しております。

以上3月勉強会の報告でした      報告者キリンさん

PageTop