東洋はり医学会札幌中央支部

 

23年1月、初めての勉強会

23年度第一回勉強会が始まりました。(23年1月23日)
基礎講座は脉診、古典は難行27難、鍼灸重宝記第二回です。

難行27難28難は、奇経治療の中心です。
自分としては好きなところに入ります。

また、基礎講座に脉診の基本となる18難がありますので、これまた面白く
力があるのなら深く入り込みたいと思うところです。

この18難に積聚のことが記載されているのですが、脈位で積聚が分かるとありますので、
陰実を追いかけるようになった近今に、参考となること大です。

実際、伏脈と思われる人の訪れが多くなっていますので、今度は積聚との関連を考えるところです。

大変難しいことを、書き込んでいるように感じることでしょうが、
単にやっと自分の頭で構築ができるようになっただけの話で、実際の患者さんを前にすると、
ぶっ飛んで頭の中は69難だけしか、思い浮かばないという無残なものです。

実技はいつも聴講生を担当させていただいておりますが、最近の聴講生はよく勉強されている方が多く
自分の未熟さに、気がつかされます。

新入会員の動機に、自分の健康管理のためとありましたが、
月一回のモデル患者になって治験するのが楽しみですと感想を述べてくれたことが、昨日の嬉しい感想です。

また2月も楽しんで参加する予定です。 稲兵記

PageTop