東洋はり医学会札幌中央支部

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

平成22年6月定例会

6月20日(日)勉強会に参加する方が少なくてと嘆いていたらこの数日バタバタと聴講希望の連絡があり今度は狭い治療院に入りきるのかが心配になっています。
学理は「三焦・心包」」です。実技は「手から手へ・指から指へ」経絡脉診の基本となる「補・瀉」の技術を学びます。
文字にすると大変難しく思われるでしょう。でも、一人前の鍼灸師を目指すのなら当然必要なことです。

現在札幌中央支部には、在籍5年以上の指導部員と、入会して一年未満という新人が、半分ずつの状態です。
5年以上の指導部員は、さらなる技術の向上を求め、新人はなんだかよく理解できないけれど、一人前になりたいと参加しているのだと思います。

たとえば自分のことですが、「鍼・灸」この技術だけで営業をしております。マッサージはこれまで一度も行ったことがありません。
もちろんマッサージを否定する気はありません。ただ経絡脉診を取得すると、鍼・灸だけで十分だからです。

狭い治療室ですが窓はいつも開け放しております。
どなたにも観ていただきたいと思うからです。面倒がっていては時は待っていません。せっかく鍼灸に携わったのなら、もっと上を目指してみてはいかがですか。

大きなことを言ってしまいましたが、本当は自分もまだ技術向上のため、研鑽を重ねている学習途中の鍼灸師です。

一人でも多くの経絡脉診の仲間が増えることを希望しております。(支部長)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。