東洋はり医学会札幌中央支部

 

症状別実技は、婦人科疾患でした。

meguです(・ω・)ノ
「婦人科疾患の場合、身体の表面に出る特徴や場所はありますか?」「どこの経絡に変動が出やすいですか?」
症状に対する弁別の仕方を考えていきました。人によって身体の感じ方や伝え方が変わってくるので、その辺りをどのように判断するのか気になります。
いつもの状態と比べてどうなのか?患者さんへの質問の仕方の工夫も必要な感じがしました。
今回も、それぞれの考え方や意見を聞く事ができて、実りある勉強会でした。

PageTop