東洋はり医学会札幌中央支部

 

平成22年2月定例会

2月勉強会終了しました。本日も私キリンさんがこのコーナーを担当いたします。
それにしても活発な質問に、講師陣もたじたじでした。
臓腑生理は「肝・胆」でした。血圧を上げないためにも、肝胆をゆるめていかなければ、
なりませんね。少々お部屋が汚れていても見ないふりをしましょう。
本日、実技では、模擬患者になりました。キリンさんの私はやっと脈の形が理解できるかなーあと思えるようになったところですが、
まだ学生さんの、聴講生の一人は、浮沈、遅数、虚実、がすらすらと感覚的に出るのですからすごい。
ところで今日の聴講生は、数日で国家試験が迫っているのですよね。すごい余裕!!
札幌で、経絡脉診の実技を、自分のものにできるという勉強会が存在することをぜひ体験してほしいと
卒業してから、この道に入った自分は、学生の間に体験できる人を見ると羨ましく思います。
3月14日また新しい仲間が増えることを、楽しみにしております。(担当、キリンさん記)

PageTop