東洋はり医学会札幌中央支部

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

施術後。。

meguです。
鍼灸師にとって、自分が鍼灸治療を行ったあと、患者さんの身体の変化はどうなのか?気になります。
先日、東洋はり医学会の勉強会の実技では、模擬患者になりました。
主訴は、身体のだるさと右目尻側、まぶたのケイレンです。
問診を受けたあと、私の治療方針について、意見交換をしているのを聞くと自分の身体を知る上で、とても勉強になります。
本治法、標治法を受けると、身体の軽さを感じました。3時間後も背中がポカポカでした。この日はよく眠れました。
鍼灸師☆工藤愛(o^^o)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。