東洋はり医学会札幌中央支部

 

奇経治療。。2015年12月13日

meguです(^_^)ゞ

今回の東洋はり医学会、札幌中央支部の勉強会の講師担当は、副支部長でした。

副支部長の印象。。色々な角度から物事をみる、会話の引き出しが多い、頼りになる人だなぁと私は思っています。

他の人は、どう思っているんだろう?聞いてみたいです。

講義は、奇経の流注の確認と、それぞれの特徴、診断の仕方、圧痛点の出やすい所と思われる所を説明してくれました。

流注で考えていくのが、奇経の特徴というのをふまえて、さらに細かく説明があり、話し合いました。


例えば、
☆奇経に対して、虚実はあるのか?
☆後経は、なぜ督脈になっているのか?
など、勉強になります。

その後は、先日の症例発表が膝だったので、膝に対してオススメ体操3つ、小顔になる体操を皆で行って、午前中の講義終了しました。


教科書では、3ページ位で終わってしまうのに、そこに広がりと、おもしろさが加わった講義内容で、とても勉強になりましたヽ(^o^)丿


PageTop