東洋はり医学会札幌中央支部

 

勉強会で質問したいと思ったら。。

私は東洋はり医学会の本部会員で、現在4年目です。
勉強会実技の時、脉が変わったと思っても、それをどの様に表現したらいいのかわからない時があります。(それが何故変わったのか?になると、ますます解らなくなり混乱して目が泳いでいる時もあります。)
それでも、少し言葉にできる様になるには、どうしたらいいのか?
例えば「今はこう思うけれども、〇〇さんはこの状態をどう考えますか?」「今の脉は、気が抜けてひろがった状態ですか?それともちょうどいい柔らかさですか?」など、思った事を具体的に質問した方が、具体的な答えを得られる感じがします。
ひと月に一度の勉強会なので、気になった事を確認できる時間はとても貴重です。
勉強会で得られる事が、日々の臨床でとても役立ちます(工藤)

PageTop

鍼の手法と姿勢。

先日、東京の神保町で東洋はり医学会の勉強会がありました。
私は、東洋はり医学会の本部会員になり現在4年目です。
午後からの実技、更に実技では、姿勢によって脉が変わる事が確認できました。
施術時どうしても、鍼先がどこにあるのかのぞいてしまう。。そうすると身体が丸まってしまうので、身体を正して丸まらない様に気をつけてみると、それだけで脉の軽さとツヤが出ることを実践で教えてもらいました。
自分の手技をみてもらい修正していく事ができるのは、勉強会だからこその環境です。
姿勢を見直しながら鍼灸治療をする。。早速、明日から取り入れたいと思います(工藤)

PageTop

7月30日定例勉強会

7月の勉強会のお知らせです。

日時     平成29年7月30日(第5日曜日) 10:00~16:00

場所     札幌市白石区東札幌5条1丁目
        【札幌市産業振興センター 3F セミナールーム8】

持参するもの  筆記用具、お弁当
          (鍼道具は主催者の方で用意します)

参加費      3,000円

午前   ◎ 時事評論            飛野  一路志先生 (副支部長) 

      ◎ 講義 第7章 病因論 
                         講師 石川 圭吾先生  

      ◎ 素問  陰陽応象大論篇第五   
                         発表者 廣島 淳子先生

午後   実技  ①基本刺鍼
           ②取穴
           ③小里方式 

  《勉強会の参加申し込み・お問合せ》   
 
      東洋はり医学会 札幌中央支部事務局  稲富順子鍼灸治療院内       
                  TEL 011-821-5035 まで

PageTop