東洋はり医学会札幌中央支部

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

11月20日定例勉強会

11月の勉強会のお知らせです。

日時     平成28年11月20日(第3日曜日) 10:00~16:00

場所     札幌市白石区東札幌5条1丁目
        【札幌市産業振興センター 3F セミナールーム7】

持参するもの  筆記用具、お弁当
          (鍼道具は主催者の方で用意します)

参加費      3,000円

午前   ◎ 時事評論  稲富順子先生(本部指導理事) 

      ◎ 講義 第13章 取穴の補瀉  講師 廣島淳子先生(会計監事)  
            難経 第十一難       

午後   実技  ①基本刺鍼
           ②取穴
           ③小里方式 

  
 《勉強会の参加申し込み・お問合せ》   
 
      東洋はり医学会 札幌中央支部事務局  稲富順子鍼灸治療院内       
                  TEL 011-821-5035 まで





スポンサーサイト

PageTop

「治療院を持つこと」を楽しむために。。

「治療院のイメージを具体的に持つって、例えば何?立地?イメージカラー?」
前回のブログを見て何人かから、質問がありました。イメージするのは、立地や室内の雰囲気をどうするか、室内には、何が必要で何を置くか?価格設定など思いつく限り、何でもだと思いました。
でも、もしイメージが乏しい場合は、譲れない条件だけでも考えておくといい様な感じがします。
私の場合は、ベット3台入れたいと希望していましたが、実際2台です。
3台入れようと思えば、入りますが、室内に余裕がない感じがして、2台に変更しました。
イメージを持っていても、変更になることも多いと思います。それでも、イメージがあると途方にくれる事もなく、早く次を考えられるような感じがします。
治療院を持つまで、開院までの期間も楽しめるように早めの準備をした方がいいという話でした。(工藤)

PageTop

鍼灸治療院を開院する前に。。

2016年10月2日、東京で東洋はり医学会の勉強会がありました。
午前中の講義内容は『鍼灸治療家への道』です。
講義内容から。。
治療院を開院する前に考えておいた方がいい事のひとつに「治療院内のイメージを具体的に持つといいですよ。大きさや雰囲気など。。具体的に考えてると、これからの行動が自然と決まってくるし見えてきます。何となくでは、何となくで終わってしまいますよ。」と話してくれたのが印象的でした。
私が、『くどうはりきゅう院』を開院する時は、お灸を使用するので匂いの事、洗濯機を置く事、この2点で場所が決まらず、電話口で断られてしまう状況でした。
場所がやっと決まってから、室内をみてから考えて、まずソファをやめてイス選びから始めたのを覚えています。
イメージを持っていると、変更があったとしても早く対処できるような感じがします。
早めの準備をおすすめします。(工藤)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。