東洋はり医学会札幌中央支部

 

2016年4月24日の勉強会

meguです。
東洋はり医学会の勉強会では、年間の講義予定の発表がありました。
今年は実技が多い(o^^o)
症例発表後にある午前中の実技は、症例発表に基づいた内容になると話されていました。5月は副鼻腔炎予定です。
他の人だったら、どう考えていくのかと何人もから聞くことができて学べる時間になりそうで、今から楽しみです☆

PageTop

2016年4月17日の勉強会

meguです(^.^)
本日のワンポイント講義は飛野先生で、先日ある集まりで行われた講義の感想を報告してくれました。
その中で私がおもしろかったのは、①身体と周波数の関係、②施術者と患者さんとの関係をよりよくするためのポイントでした。視点が変わると視野が広がるような気がしてうれしくなります。
本日の講義は、石川先生による病症論でした。各経絡の説明に病状とその成り立ちを絵を用いて説明してくれました。
流注を覚える必要を感じる内容をでした。流注を味方につけると、身体の診方や個人の身体の変化に気がつくのが早くなる感じがします(臨床でとても役にたちます。)
稲富先生からは症例問題がありました。クイズのようで楽しみながら学べます。
「〇〇の状態をみて、まず何を考えますか?」
ハイハイと挙手は、ありませんが、それぞれに考えているのが伝わってきます。「自分だったら、こうしよう」と思う事でも、他の人はどう考えていくのか?気になりますし参考になりました。
以上、午前中の様子でした。あっというまで、気がつくとお腹が空いていました。

PageTop

5月15日定例勉強会

5月の勉強会のお知らせです。

日時     平成28年5月15日(第3日曜日) 10:00~16:00

場所     札幌市白石区東札幌5条1丁目
        【札幌市産業振興センター 3F セミナールーム8】

持参するもの  筆記用具、お弁当
          (鍼道具は主催者の方で用意します)

参加費      3,000円

午前   ◎ 時事評論   稲富 順子先生(本部指導理事)  

       ◎ 講義 第9章 四診法
             難経 七難   講師 大平 真先生(学術部長)

午後   実技  ①基本刺鍼(速手刺・和法・浮実・弦実・補中の瀉法)
           ②取穴(足の太陽膀胱経・手の少陰腎経)
           ③ 小里方式 

  
 《勉強会の参加申し込み・お問合せ》   
 
      東洋はり医学会 札幌中央支部事務局  稲富順子鍼灸治療院内       
                  TEL 011-821-5035 まで

PageTop

東洋医学に興味はありますか?

meguです(o^^o)
東洋はり医学会札幌中央支部では、鍼灸師や鍼灸学生を対象にした勉強会を月1回行っています。
東洋医学に興味のある方は、聴講生として参加してみませんか?
聴講料として1回3000円かかりますが、聴講生にとって実りある時間を過ごせるように支部員みんなで、できるだけのサポートをしますので、お弁当持参でいらして下さい。
勉強会参加の申し込み、問い合わせは、東洋はり医学会、札幌中央支部事務局、稲富順子鍼灸治療院へお願いします。011-821-5035

PageTop

石川先生と話しました②

meguです(o^^o)
石川先生は、自分の気持ちを正直に話してくれるので、その時の気になるところが伝わりやすい感じがします。
言葉にしにくい所では、「ただ何となくそう、思ったんです」と話してくれる石川先生。
言葉にすることと、その時の思った事の中に大事なポイントが入っているのは、気のせいではない感じがします。
「ただ何となく。。を大切に。自分の成長を楽しんでほしい」と、大平先生と遠山院長からコメントをもらいました。(石川先生、大平先生、遠山先生は鍼灸学校で同級生でした。)

PageTop