東洋はり医学会札幌中央支部

 

経絡大技術講座の復習③

→つづき

今回の実技は、経絡大技術講座で
学んだことを、皆に伝えて再現して
くれました。

それぞれ、その人の視点が入るので、
個性が光ります。

札幌中央支部の勉強会は、実技をし
て意見交換、それが繰り返されます。

特に、最近入会された人や聴講生の
視点には、気がつく事も多いので、
意見を言ってくれるのを楽しみにし
ています。

参加した人数分だけ、考え方が集まる
ので、いつも新たな発見をしているよ
うな気がします。

臨床で役立つための勉強会、おすすめ
です。


meguでした(*^▽^*)

PageTop

経絡大技術講座の復習②

つづきです。

②取穴では、照海と水泉の所で、
色んな意見を聞きながら、検証し場所
の確認をしていきました。

あと、プラスとマイナスの指がある
という話。。もっと知りたいです。

③ナソ、ムノ

☆缺盆の硬さをとるには。。
☆肩井の硬さをとるには。。
☆ソケイ部の硬さをとるには。。

各注目ポイントの説明と実技、とても
(*゚ロ゚)ヽ(^0^)ノにぎやかです。

実際、やわらかくなった後には、どう
してそうなったのか?意見交換して、
実技は、続きます。

今回のように、項目別に皆で検証する
のも、視点が変わっておもしろいと思
いました。


→つづく




PageTop

9月13日定例勉強会

最近はすっかり朝・夕が涼しくなり、明らかに空気が変わりました。
食欲の秋・読書の秋・紅葉の秋~♪、季節の移りかわりを感じさせられます。

9月の勉強会のお知らせです。

日時 平成27年9月13日(第2日曜日) 午前10時から午後3時30分

会場 札幌市白石区東札幌5条1丁目 産業振興センター3F 
    セミナールーム8

持参するもの 筆記用具、お昼のお弁当

参加費  3,000円 
   (鍼道具は主催者が用意します)

午前 * 相剋調整及び誤治の調整/難経80難  講師 鈴木 淳史先生
     
    * ワンポイント講座    講師 飛野一路志先生   


午後  実技 基本刺鍼・取穴・小里方式
         経絡大学技術講座の実技 「陽経の腹診を取り入れた証決定」

経絡治療は主に脈診・腹診から様々な身体のサインを読み取ります。
指先や手のひらから繊細な変化を感じ取るためには、余分な力は不要です。
いかに力を抜くか、軽く、軽く、さらに軽く・・・その修練を行っております。

是非、参加をお待ち申し上げます。

参加申し込み・お問合せ 
 札幌中央支部事務局  稲富順子鍼灸治療院 TEL011-821-5035

PageTop

経絡大技術講座の復習☆

札幌中央支部の勉強会の実技。。

今回は、経絡大で学んだ事をそれぞれ
発表し、その様子を伝えてくれました。

①基本刺鍼の確認
②取穴
③ナソ、ムノ
④腹診

今回は①から③まで、次回④をする
予定です。
時間が足りなくて、次回に持ち越して
しまいました。

①基本刺鍼は、補法中心にしました。
講師役、鍼をする人、検脉する人、
背部の人、連動の人、それぞれ役割
があります。 

背部の人になってみて、基本刺鍼を
すると、同側の肩井や肩外兪の辺り
が、柔らかくなるのがわかりました

へぇ~(゚ロ゚)おもしろい

→つづく


PageTop

今回の69難の講義。。

先日、私が何年か前。。
聴講生の時に受けた、69難の講義内容
を見つけました。

平実実虚虚(肝虚や脾虚など)を
クイズ形式で、当てるもので。。
必死に考えてる様子がノートに書き
込まれていました。

それでも、
ハズレてる(≧Д≦)
間違っている所を見つけたので、
赤ペンで修正しておきました。


今回の69難の講義は、自経について
や臨床での話でした。

札幌中央支部では、経絡治療要網を
繰り返し勉強しています。

同じ内容の部分を勉強していても、
前回と今回、見える景色が違っていて

ゆっくりですが、前進しているのを
感じて、安心しました(*^^*)


meguでした(*^▽^*)


PageTop