東洋はり医学会札幌中央支部

 

左右差をみる。。

meguです(●^o^●)

勉強会の内容で、
「気血が滞りなく流れると、左右差が
なくなってくる」というのがあり、
その後、意識して施術しています。

身体の使い方や、習慣でも左右差は、
出てくると思うので、

左右差をみると、患者さんの訴える
部分が見えてくるときもあります。

施術後、左右差が少なくなってくると、身体が軽くなってきたと
教えてくれる患者さん。

左右差は、どうしてできてしまったのか?を考えると

身体の診方の幅が出て、施術に対する
内容の確認に繋がる感じがしました。

PageTop

6月21日定例勉強会

毎月1度の定例勉強会のおしらせです。

今月は平常の勉強会と内容が違っております。
外来講師による講義です。

日時 平成27年6月21日(第3日曜日) 10時~午後3時30分
会場 札幌市白石区東札幌5条1丁目 産業振興センター 3F セミナールーム7教室
講義 午前 外来講師 正木芳孝医師による 「波動エネルギー」
    午後 実技 基礎刺鍼 補鍼の打ち方 瀉鍼の打ち方 ・取穴・四診法
    丁寧な指導です。手から手へという手法で実際の鍼の扱いを学んでいただきます。
聴講料 3,000円
持参するもの 筆記道具 昼食(コンビニは近くにありません)

参加ご希望の方は下記へご連絡ください。

札幌中央支部事務局 稲富順子鍼灸院  011-821-5035

PageTop

札幌中央支部の勉強会(2015年5月17日)

meguです。(*⌒▽⌒*)

勉強会の午前講義の流れは、
その日のテーマ(経絡治療要網より)
難行、ワンポイント講義の3つから
できています。

今回は、その中のワンポイント講義に
注目☆

講義をしてくれた先生は、
心身共に歪みのない姿勢の大切さに
ついて、気の動きと、筋トレの関係を
話しました。

自分の姿勢、相手の姿勢、
姿勢で変わる気の流れと、伝わり方を
音や光の伝わり方を用いて説明した後、

気が動いたと思われる時の状態、判断の
仕方を教えてくれました。

ワンポイントなのに、気づきポイントが
沢山ありました。

タイミング良く☆。。
今回の講義は、来月の講義、
外来講師医師による「波動エネルギー」
についての予習になった感じがしました。

来月も、全員が楽しめる事を期待して
しまいます。

PageTop

池田政一先生の講演会

meguです(*'▽'*)

東洋はり医学会の勉強会での
外来講師は、池田政一先生でした。

実際に、参加するのは初めてで、
先生の言葉の強さと迫力に、引き込まれて、約2時間があっという間でした。

臓腑生理についての内容では、
イメージしやすく解説をしてくれるので
「こうゆう事だったのか。。」と、気がつく点もあり、

普段、何となく通り過ぎてしまっていたので、そこは、もう少し大事に考えていこうと思いました。

今の私では、難しい所もありましたがもっと聞いていたい、
「勉強、頑張ろう( ^o^)ノ」という気持ちになった講演会でした。





PageTop

伝わるように。。と考える(^ー^)

meguです(*^。^*)

先日、行われた東洋はり医学会の勉強会
(東京)の講義内容は、

今までの講義内容を振り返りながら、
本治法、標治法、鍼に対する考え方に
ついてでした。

最近、患者さんから、
「やせるツボ教えて下さい。」
「便秘のツボはどこですか?」
と、特効穴を求めるような質問があり、

鍼に対する考え方を、
わかりやすく伝ええるには、どうしたらいいのか迷っていたので、聞いてみました。

「特効穴は、効果がない訳ではないけど、年齢や体質に関係なく、誰にでも同じでいいのか?と考えると、その人の身体の状態をみて、その時にあう鍼をした方がいいですよ。」

「奇経を使って、お灸する場所を伝えたらどうですか?」など

4人の先生達が、臨床経験を交えて親切に
答えてくれました。

これらのアドバイスを参考にして、
自分の言葉で伝えられるように考えて
いきたいと思います。

PageTop