東洋はり医学会札幌中央支部

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

支部長挨拶

平成21年3月、「東洋はり医学会札幌中央支部」として本部より設立が許可されました。
 私たちは、免許取得と同時に鍼灸師としての権利を持つことになります。しかし同時に患者さんへの大きな責任が生ずることも、認識しなければならないと思います。この責任に応えられるのか、否かの姿勢を持つことが必要ではないでしょうか。

 また、この業界で実績ある仕事を成し遂げている方々は、生涯学ぶという上に成り立っているように思われます。意欲と熱意とを失わず、上質な鍼灸学を探すことも私たちの責任だと思います。
 ここ東洋はり医学会で伝承している「経絡脈診」は、学理と技術を確実に、そして何よりも、感性豊かに習得できる場が提供されていると実感しております。技術に関しても、今あるものを最高のものと考えず、繰り返し検証し、時代に沿ったものを研究していく柔軟な姿勢を、持ち続けております。
 ここで今日まで得た貴重な体験をもとに、益々意欲を持ち、私始め会員の皆さんの成功体験を、これからも語ることができます事を願いながら、ご挨拶させて頂きます。

                東洋はり医学会 札幌中央支部長 稲富順子

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。