東洋はり医学会札幌中央支部

 

鍼の手法と姿勢。

先日、東京の神保町で東洋はり医学会の勉強会がありました。
私は、東洋はり医学会の本部会員になり現在4年目です。
午後からの実技、更に実技では、姿勢によって脉が変わる事が確認できました。
施術時どうしても、鍼先がどこにあるのかのぞいてしまう。。そうすると身体が丸まってしまうので、身体を正して丸まらない様に気をつけてみると、それだけで脉の軽さとツヤが出ることを実践で教えてもらいました。
自分の手技をみてもらい修正していく事ができるのは、勉強会だからこその環境です。
姿勢を見直しながら鍼灸治療をする。。早速、明日から取り入れたいと思います(工藤)

PageTop

色体表って

先日、東洋はり医学会札幌中央支部の勉強会がありました。
1日の流れは午前中が講義、午後から実技です。
午前中の講義内容は、「色体表」です。鍼灸治療するとき、診断時の参考になります。
色体表は、ひとつふたつの漢字がキレイに並び、そのひとつひとつに意味があります。
縦並び横並びにも、それぞれの意味があり、そこから何を参考にしていくのか?どのように活用していくのか?考え方の基本を読み解いていくような内容でした。
今の自分では、何を指標として、どの位活用できるのか?学習すればする程、活用の幅が広がりそうです。
患者さんにも色体表の楽しさを伝えられる様になりたい。。なれるか?頑張りたいです。(工藤)

PageTop

患者さんひとりひとりに対しての鍼灸治療ができる様になるには。。

先日、東京で東洋はり医学会の勉強会がありました。
講義の中で印象に残ったのは。。
「経絡治療では、経絡の変動をみて病のあり方を確認します。その前に患者さんの身体の状態は、どうですか?患者さんの身体の状態を把握してますか?」と問いかけでした。
症状をみて、この時はこのツボ(経穴)を使いたい。使ってみようと決めても実際、その人の状態に合わないとどうなるのか?
症状だけではなく、現在の身体の状態にあった鍼灸治療ができるのが、経絡治療の良さであり特徴だと思います。
患者さん、ひとりひとりに対しての鍼灸治療ができる様に。。と、思うと課題が次々に出てきます。
解らない事は勉強会の時に質問をすると、誰かが答えてくれるので、自分自身の課題を乗り越えるヒントになり助かります。
患者さんのひとりひとりに対しての鍼灸治療ができる様になるには、患者さんの気質と現在の身体の状態を把握する事が必要。。
題名に対しての答えは、1行しかないのに。。この1行の事ができる様になるまでどの位の時間を費やすのだろう。。
前向きに、楽しみに変えていきたいと思います。(工藤)

PageTop

勉強になりました。

東洋はり医学会、札幌中央支部の勉強会が、2017年5月28日(日)にありました。
今回の講義内容は「蔵象論」で講義を担当しました。
今回の内容では、西洋医学の臓器と東洋医学のでの五臓六腑、この働きの違いを区別する事、また三焦のイメージを伝えたいと思いました。
作成している時間が自分の勉強時間になり、刻々と過ぎていき当日を迎えました。
講義は大丈夫だったんだろうか?一方的に話続けた感じがします。それでも講義を終えてひと安心。
5月の札幌。日が長くなったと感じる今日この頃です。(工藤)

PageTop

指導者育成コースに参加しました。

先日、東洋はり医学会の勉強会があり、そこでの指導者育成コースに参加しました。
指導者理事の先生から、指導者育成コースの目的についてのお話があった後、実技に入りました。
この時の実技のテーマは、取穴。証に従った主要穴の取り方です。
3、4人がひとつの班になり、模擬患者役、講師役、受講者役を決め、主訴を聞くところから始めます。
私は、時間の都合で早退してしまったので、証決定までの参加でしたが、ひとつの事柄に対して、どうしてそう思ったのか?理由を話し合いながら、進めていくので伝わりやすかったです。
今のままで良さそうな所と確認した方がいい所が確認できました。
課題が明確なので、ひとつひとつ仕上げていこうと思います。(工藤)

PageTop